Women Complex
このエントリーをはてなブックマークに追加

原因とクリニック

産後の悩みに多い膣のゆるみはクリニックで改善を目指しましょう。膣を引き締めることで身体のパーツも美しい女性になりましょう。

膣がゆるむ原因

膣のゆるみは自覚症状がないので、自分で確かめることが出来ません。緩む原因は性行為や出産などが関わっています。特に出産は、膣の筋肉が引き伸ばされるので、完全に元に戻すのが難しいです。また、引き伸ばされすぎると、断裂する場合もあるので注意が必要です。膣の筋肉が一度断裂すると、そのまま膣内が広がっていきます。広くなると、締める力が少なくなります。また、膣は年齢を重ねると共に衰えていってしまいます。それは膣壁の弾力がなくなってしまったためです。それがなくなると、締りを悪くしてしまい、骨盤の筋力を落としてしまうのです。骨盤の筋肉を普段から使うようにすると、その筋力低下を防ぐことが出来ます。

クリニック

膣がゆるまないようにするためには、婦人科形成クリニックで治療を受ける必要があります。そのクリニックでは、ゆるみの度合いによって治療を受けられるようになっています。度合いによっては膣を磁気治療で鍛えたり、膣壁の弾力をコラーゲンで増やしたりなどの治療を行います。この弾力を増やす治療や磁気を使った治療は切開することなく行えるので便利です。本格的にゆるみを改善したいという場合は、膣縮小手術を受けることも出来ます。この手術では、緩んだ膣壁を切除し、膣の筋肉を引き締めてくれます。特にゆるみの度合いが酷いという方はこの手術を受けてみましょう。これから出産をする予定があるという場合は検討してみる必要があります。クリニックでこのような膣縮小治療を受ける際は、自分と相性の合うクリニックなのかを事前に確認しておく事が大切です。

チェックと鍛え方

自分の膣のゆるみを知るためには、指を使いましょう。指を入れると、緩んでいるのか緩んでいないのかがはっきりします。そんな時は骨盤底筋をクリニックで鍛えてもらうことが大切です。

良い点と鍛え方

骨盤底筋はしっかり鍛えないと筋力が低下しやすくなります。膣のゆるみを治すためにも、膣トレは欠かせません。毎日継続して行なうようにするだけで、膣が緩まなくなります。

様々な治療方法

膣がゆるくなったと思った時にクリニックでゆるみを改善してもらいましょう。クリニックでは切開をせずに受けられる治療が多くあります。その中で自分の予算内に合っているところを探して、治療を受けるようにしましょう。