良い点と鍛え方

膣トレを行おう

骨盤底筋の筋力の低下は膣のゆるみと関係します。筋力が減少してくると、膣のゆるみを引き起こすだけではありません。O脚や子宮脱などの問題にもなります。その筋力が低下しないためにも、膣トレを行なうことが大切です。膣のトレーニングを行なうと、内蔵が元の位置に戻りぽっこりしたお腹を解消することが出来るのです。骨盤底筋を強化することは、女性器にとって必要なことです。この膣トレで意識することは、膣の筋肉や肛門を上に持ちあげるという気持ちです。

座っている場合と立っている場合

膣トレは座っている時や立っている時などに行なうことができます。椅子に座っている場合は、座ったままの状態で、足と手を肩の幅ぐらいまで開きます。その時、足は床に、手は机にしっかりつけます。そして、体の重心を腕に任せながら、背筋を綺麗に伸ばします。この時目線は正面に向けるようにしましょう。お腹や肩の力を抜き、膣と肛門を引き締めます。立っている時もこのように膣トレを行ないます。

仰向けと四つん這い

仰向けに寝ている場合は、足を大の字にひらきます。行きを吸ったりはいたりしながら、体の力を抜きます。そのままの状態で、膣と肛門を吸い上げる気持ちで、引き締めます。それを3回から10回繰り返しましょう。朝晩行なうと、効果が段々と出てきます。また、四つん這いの状態でもこの膣トレを行なうことが出来ます。四つん這いのまま行なう時は、クッションの上にひじをおくようにします。そのままの状態をキープしながら、膣と肛門を締めます。どうしても人前では恥ずかしいのでできません。しかし、家にいる時は、たくさん行なうようにしましょう。