チェックと鍛え方

チェックの仕方

膣のゆるみは自分でチェックすることが出来ます。ゆるんでいるのかどうかを確かめるには、手や爪を清潔にしておくことが大切です。手をしっかり洗って、仰向けに寝ましょう。そして、膣の中に指を2本ゆっくり入れます。入れた後は、膣内を締めてみましょう。指に膣の力が入っているような感じがすれば膣はゆるんでいません。感じなければ、膣がゆるくなっているといえます。また、肛門と膣の間に指を置いて引き締めるとへこみができれば、膣内の筋肉が正常に動いている証拠です。このチェックを行ってもわからないという場合は、トイレに行っている時に、尿を途中で止めることが出来るのかを確認しましょう。止められた場合は膣の骨盤底筋という筋肉よって、締められているということになります。

骨盤底筋の衰えを改善しよう

骨盤底筋の衰えは、膣のゆるみの原因です。しかし、この衰えを治すことが出来ます。骨盤底筋は一度衰えても、しっかり鍛えれば膣のゆるみを改善することができるのです。鍛えるには、なぜ骨盤底筋が衰えたのかということを知ることが大事です。それを知れば、膣トレを行なうことが出来ます。しかし、医師ではないので、最適な方法や原因を判断することが出来ません。そんな時に女性器專門クリニックを利用しましょう。膣のゆるみを自覚していなくても、專門のクリニックにいけば、解決方法を教えてくれます。また治療を受けることも出来るので、膣のゆるみで悩まされなくて済みます。5000円から受けることが出来ます。早めに悩みを解決し、パートナーとの愛を育んでいきましょう。