様々な治療方法

ビビーブという治療法

ゆるい膣を改善するためにも、クリニックで治療を受けるということは大切です。クリニックにはたくさんの治療法があります。その一つがだビビーブというものです。このビビーブは、高周波を使ってコラーゲンを生成させるという方法です。この高周波で処女膜の周りから膣の奥までを当てていきます。当てることで、膣全体のゆるみを取り除くことがで出来ます。何度も受けることが出来る治療なので、また、膣がゆるんでいる感じがした場合は再度治療を受けられます。

レーザーを使った治療法

膣がゆるいのであれば、レーザー治療を受けましょう。この治療方法はレーザーの力を借りてコラーゲンが新しく作れるようにしてくれます。手術のように麻酔を必要としませんし、施術時間も短時間で終わります。尿失禁や更年期を迎えたために起こった膣のゆるみなどで悩んでいる場合は、この手術を受けることが大事です。

注射の治療法

注射を使った治療法があります。この治療はヒアルロン酸や自分の脂肪を注射で、膣壁を厚くという方法になります。最近では、半永久的な効果を持っている注射も出てきています。その注射を使用した治療法では、コラーゲンの膜を作る働きがあります。膣の奥を引き締めてくれます。このような膣のゆるみを改善するための治療を受けたいと思ったら、どのくらいの予算でできるのかをしっかり確かめるようにしましょう。クリニックのメリットをもっと知りたいという場合は、複数の專門医に相談をすることが大切です。多くのクリニックを見ることで、どんなクリニックで治療を受けたいのかをはっきりしることができます。